しかけ人たちの企画術


しかけ人たちの企画術

フェイスブック 若き天才の野望という比較的長めの本を読んでいるので短めのものが集まったものも一冊枕元にと思っていたところ、すごく興味ひかれる本を発見。

この本は企画スクール「東京企画構想学舎」で講師を務めた9人の講義内容をそれぞれまとめたものになっていて下記のような構成になっています。
いろいろ活躍されている業界が異なっていておもしろい組み合わせです。

第1講 吉田正樹(テレビプロデューサー)
第2講 後藤繁雄(編集者)
第3講 中村勇吾(インターフェースデザイナー)
第4講 奥田政行(「アル・ケッチャーノ」オーナーシェフ)
第5講 箭内道彦(クリエイティブディレクター)
第6講 堂山昌司(マイクロソフト副社長)
第7講 嶋浩一郎(クリエイティブディレクター)
第8講 片山正通(インテリアデザイナー)
第9講 小山薫堂(放送作家、脚本家)

さっそく中村勇吾さんの講義部分を読ませていただきましたが、企画術というくくりから飛び出し、自分も日頃すごく気にしてる「10年」という言葉についてちょっとアツめに語られていたのでびっくりし、また嬉しく感じました。

しかけ人たちの企画術(Amazon)

comment / trackback

コメントする



管理人にのみ公開されます