東北地方太平洋沖地震

リンクについてはまとめている方も多い為、記事内の記載順かえました(03/13/21:00)
【募金/献血に関して】
市などの行っている義援金への協力が良いのかなと思います。
街頭での募金はできるだけやめて、直接もしくは信用できる場所に置いてある募金箱へ
募金しましょう(市役所とか有名デパートとかそんな感じです)。
こういう時にも人をだまそうとする人はやはりいます。
市を国を信用しお金を送ることもとても大切です。

また、行為が目に見えやすい為、物資を送ろうと考えるかもしれませんが
支援物資は届かせる為にいろいろ問題がおこりスムーズに行きません。
行政などの正式な呼びかけのない際は、自粛すべきのようです。
(やっとここ数日で、おむつ、生理用品など指定物資を集め始めたようです。正直今までの経験上支援物資として最低必要なものは前もって集めれたのではと思いました。一日も早く届いてほしいのでやはり残念です。追記 03/22)

また、自分はこちらにも寄付しました。(追記 03/13/21:00)
・国境なき医師団日本

あと献血です、治療に血もたくさん必要です。
また血液は使える期限があるので、継続的に行うことも大事です。
これは募金にもいえます。(追記 03/13/01:00)

【電気:節電に関して】
下記ページが地域別に回答してありとても参考になります。
周波数の問題があるのがとてももどかしいところです。(追記 03/13/19:30)
・「節電すべきか」という疑問に対する回答(地域別)/原 悟克

【水】
震災から10日を過ぎ、野菜、海水などから放射性物質が確認され始めましたが、3/23にとうとう
東京都葛飾区の金町浄水場からも乳児への飲用は避けなければ行けないレベルの放射性物質を検出したと発表されました。きっと福島周辺はもっと強いことでしょう…。
前日より雨も降っていたこともあり雨に吸収されたものが一時集まったために測定値が強くなったと考えることもできるでしょうが、原発からの放射性物質の発生が止まった訳ではないので今後の継続した観察が大事になってくるんだろうと思います。
しかし、どうしたものかもうすでに水の買い占めが始まってました…。もうそういう光景は正直見るに耐えます…。
粉ミルクはミネラルウォーターの種類によっては使ってはいけないらしいので参考リンクを貼っておきます(PDFですが…)。ミルクの調乳に使用する水について (追記 03/23/23:40)

いくつか有用リンクを。
【Google Crisis Response 東北地方太平洋沖地震】
http://www.google.co.jp/intl/ja/crisisresponse/japanquake2011.html

【Yahoo!災害情報 – 地震・津波災害に関する情報 】
http://weather.yahoo.co.jp/weather/2011sanrikuoki_eq.html

【首相官邸;平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震への対応】
http://www.kantei.go.jp/jp/kikikanri/jisin/20110311miyagi/
定期的に把握されている状況がPDFで公開されています。

【東北地方太平洋沖地震 @ ウィキ 】 http://www46.atwiki.jp/earthquakematome/

【【地震】情報を配信しているTwitterアカウント、サイト、災害掲示板 Yahoo!ニュース 】(追記 03/13/00:30)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110312-00000010-rbb-sci

【原子力安全・保安院 緊急時情報ホームページ 】
http://kinkyu.nisa.go.jp/

【SAVE JAPAN!】
http://savejapan.simone-inc.com/
地区ごとのハッシュタグがあります。

【Twitter 東北地方太平洋沖地震に関して】
http://blog.twitter.jp/2011/03/blog-post_12.html

【公式RTのススメ nobi.com】
http://nobi.com/jp/entry-1175.html
Twitterで誤情報を流布したり、重要な情報を伝えにくしないために

(3/11地震時のこと)
地震時は東京の浜松町の20Fの部屋にいました。
高層階に居る際、どうすれば良いかわかりませんでしたが、
逆に慌てて外に出ない(いろいろな落下物による危険)、建物の1、2階(もしくは3階)は危険なのでそれ以上の階に避難するなどの情報がラジオか何かから流れていましたので、20階で待機し30分後の大きな地震もそこで遭遇しました。
10階くらい以上の建物の方が耐震強度もさらに高いというような話も耳にしました(あくまで耳にした情報)。
実際、高層階だと地上より揺れがさらに大きく感じ、不安になりますが、慌てて自己判断で飛び出したりすることがやはり逆に危険のようでした。
津波の危険性が少ない地域なら、近くに大きな公園があれば地震が落ち着いているときに公園へ移動するのも良いかもしれませんが、あっと言う間に時間がすぎ、夜になると寒くなることなども想定して判断する必要があるのかもしれません。

また、福岡西方沖地震の際には
丸一ヶ月後に、同じ規模の余震が起きたように地震は予測できません。

寝る際は枕元に荷物、靴などを当分は準備すべきかとおもいます。
頭を守る為にニット帽などでいいからあるといいと思います。

とりあえず、他になにか気づいたことがあれば、
また追記していこうと思います。

WE ARE ONE !!

comment / trackback

コメントする



管理人にのみ公開されます