メジャーリーガーの女房


メジャーリーガーの女房
~ヨメだけが知る田口壮の挑戦、その舞台裏~
田口恵美子

発売を知り、すぐ買って読みました。

田口恵美子さんは文章や構成が上手なのでやばいんだろうなと思ってましたが、しっかり構成されて最初と最後で泣かされました。

故・仰木監督のお話やご自身の体調の件、田口選手が引退を考えた時のことなど、いろいろといままであまり大きく出てなかった話などもあり、さらに人として見習いたいことがたくさんでした。

この二人はほんとうに強いなと思いました。

ぜひ、恵美子さんの為にも寛くんの為にも
壮選手には長く現役を続けていってほしいです。

神戸では、サイン会もあったみたいで近くの人がうらやましい限りです。
・田口恵美子が赤裸々新著「公衆の面前で真っ裸になった気持ち」、壮は絶賛!

さぁCS。がんばれホークス!

約一月ブログをさぼってる間に、
イチローも無事10年連続200本安打を達成してシーズンも終了。
100敗をいくチームの中で唯一の全試合出場に、
プロだなぁと思わずうなずいてしまいました。

さて、その同じ週にとうとうホークスが
最終戦144試合目に決まるという激闘を勝ち抜き
長い沈黙破りシーズン1位・パシフィックリーグ優勝の栄冠を手にしました。

今回は、毎年失速してた最後の最後での大逆転だったのでほんとうに感動の優勝でした。
続きを読む »»

もうすぐもうすぐ。

イチロー10年連続200安打までもうすぐもうすぐ。

もともとの野球大好きなだけでなくMLBコンテンツは自分も関わったことがあることもあり、こういう時に特集ページができてるとすごく嬉しくなってしまうし、待ってましたという感じです。

というわけで、ご紹介、見つけ次第追加します。海外もどっかやってないのかなー。

Number Web “イチロー、前人未到の地をゆく男”
http://number.bunshun.jp/subcategory/ichiro

SANSPO.COM イチロー10年連続200本安打カウントダウン!!
http://www.sanspo.com/ad/ichiro2010/index.html

10本を切ったし、ニュース見るたび、わくわくドキドキしてきますねーーー。

田口 壮選手 オリックス復帰

20100123taguchi
自分と野球の話とかをしたことある方は知ってると思いますが、
かなりな田口ファンというか、かなり勝手に尊敬してます。

復帰については年末よりちらほら噂されてましたが、
今日2010/1/23に正式にオリックス復帰が発表されました。
背番号は33、なんかかっこいいですね。

また今日1/23付けで自信のサイトでも報告してくれてます。
http://www.taguchiso.com/contents/f-mail.htm

イチロー選手と同じく仰木さんに育てられMLBに挑戦し、今回の復帰の際には先輩の岡田新監督に熱心に迎えられ、8年間という長いMLBでのキャリアを持って古巣に復帰というのは、最近ではホークス城島選手の件が少し残念だっただけに本当に良い形なんじゃないかと思います。

続きを読む »»

さあ、こっからだ。

so-taguchi200903どうなるのかなと今年も毎日楽しみに日記を読んでたのですが、残念ながら田口選手がマイナースタートとなってしまいました。

ただ、落ちたぐらいでへたれてしまうような選手ではないですし、身体も元気な選手なんで、きっとまた這い上がってきてくれるでしょうし、期待してます!

ただ見てると日記にも書かれてますが、MLBは契約内容に本当に左右されるところも多いみたいですね、正直とてもいい選手で残って当然だと思うのですが、なかなか厳しい世界ですほんとうに。

あとは、この大変な生活を支えている嫁さんにも、ほんといつも感心させられます。ほんとに。

マイナースタートですが、今年も頑張って下さい!

田口壮オフィシャルサイト

3度目のワールドシリーズ

フィリーズ田口壮

カージナルスからフィーリーズに移籍して一年目の田口選手が自身3度目のワールドシリーズ出場。

今年は、昨年まで在籍のカージナルスと違いメンバー固定が基本のチーム事情のため出場機会が少なかったですが、それでも25人枠に入り続けとうとうWSまできました。

残念ながら今プレーオフではまだ無安打ですが、一昨年優勝した時のように、チャンスメーカーになって活躍してほしいものです。

アメリカに渡って7年、紳士に野球続けてきた人間を神様はやっぱ見てるんだろうか。と思わせるような嬉しいニュースでした。

またこの時期しか活躍しないDVDレコーダーの出番です。
(そういえばレコーダ買った理由も2004年のこれ(田口選手WS出場)でした。)

田口壮オフィシャルサイト
ウィキペディア(Wikipedia):田口 壮