Letterpress by Naomie Ross

Letterpress from Naomie Ross on Vimeo.

素敵ですね。

こうやって刷られたポスターほしい。

Little White Lies | A Magazine is Born

雑誌 little white liesのThe Black Swan Issueができるプロセスを映像化した Time-Lapse Video.

良い雑誌をみるといつも完成度やつくりこみに、
感動するのでこのビデオ見て再認識しました。WebSiteと違う深さがあるなぁと。

Little White Lies Magazine

Sghr – Sugaharaのグラス –

sghr
よくグラスを割るんですが、とうとうすごく気に入ってた Sugahara のグラスも割ってしまいました。

自分の中ではそこまで安くはないグラスなのですが、 NEST によった時にまだあったのでつい買いなおしてしまいました。

サイトにものってないし検索でもうまく見つけれない、名前もわからないこのグラスですが、持った感じがガラスなのかな?という不思議な雰囲気とマットな質感がやっぱりいい感じです。

もー割りませんように。

Bowers & Wilkins P5 Mobile Headphones

Bowers & Wilkins P5 Mobile Headphones

Bowers & Wilkins P5 Mobile Headphones

Bowers & Wilkins の手がけるP5 Mobile Headphonesと名付けられたヘッドフォンのデザインがとてもすばらしいです。
なんともいえないクラシカルなテイストを押し出してます。個人的には、すごく大好きです。ヘッドフォンをわざわざはめて歩くのってあまりカッコいいとは思わないんですが、これなら首から下げて歩いてみたいです。

Bowers & Wilkins P5 Mobile Headphones

P5はBowers & Wilkinsのヘッドフォン初参入となる商品のようでそれでなおさら気合いが入ってるのかなと思います。
なんかこう、1万円くらいで変に敷居下げて参入されるよりはこうやってプライドもって仕事された方がみてるこっちも気持ちがいいですね。おかげで高くて買かえませんが…。

まだ店頭などでは見つけれないので音自体は未確認ですが、あくまで個人的な意見でいくと Bowers & Wilkins自体はバング……のようにデザイン重視で実際の音は値段の割に…というようなことのないブランドだと認識してるので、信頼していいのかなと思ってます(いい値段してますし)。

このヘッドフォン、実はずっと紹介したかったんですが、なかなか日本のAmazonやApple Storeに情報がありませんでした。やっと情報が出始めたのでご紹介。

それとデザインは Native(おそらくこのサイトhttp://www.native.com/)という以前もBowers & Wilkins の Zeppelin というiPodスピーカーをデザインしたとこだそうです。

久々のプロダクトの紹介。(ほんとうはこういうのの紹介をもっとちゃんとやっていきたいです実は…。)

Bowers & Wilkins P5 Mobile Headphones

P5 Mobile Headphones – Amazon
P5 Mobile Headphones – Apple Store (Japan)
P5 Mobile Headphones – Bowers & Wilkins

PUMA “Clever Little Bag”

clever_little_bag_01

PUMAからちょっといいなと思える取り組みが発表されてました。

先日ちらっと画像を見て、へー面白いこと考えるなーと思ってたら実は本当に行われる取り組みの画像でした。

簡単にいうと、購入時についてくる靴の箱を、簡素化し購入後は袋としても使えるように素材も検討し工夫しましたよ。いうことのようです。

これは個人的にすごく良い取り組みだなと思いました。

そして、”Clever Little Bag”と題し、しっかり見せれるものにして、ブランディングにもつなげてる部分は上手なやりかただなだと思います。

こういうのは、まねになっても良いので是非、New Balance,、NIKE、adidasにも後を追って取り組んでいって欲しいなと思います。

また、デザイナーとしてはこういう既存のものを再構築しアイデアとビジュアルと提案できるようになれるといいだろうなと思いました。

clever_little_bag_02
clever_little_bag_03

下記ページでは、動画も一緒に発表されてました。
PUMA Vision の記事

あとPUMAですが
2009年からフセイン チャラヤンがクリエイティブ・ディレクターを努めています。
記事:プーマ×フセイン・チャラヤンによるファーストルックが公開!(Fashionsnap.com)
チャラヤンは先日、記事にもした(Alexander McQueen 1969-2010)マックィーンと同時期にアートの様なコレクションを毎回発表し、ロンドンコレクションを盛り上げてたデザイナー。
手がけてるのはレディースがメインなのでしょうが、近々見に行こうと思います。

また、つい先日 Fashionsnap.com でインタビューも公開されてました。
[インタビュー]ファッションの領域を超えるデザイナーHussein Chalayan(フセイン・チャラヤン)

ちょうど東京でもチャラヤンの展示会の様なものもあってますし、学生時代、好きだったデザイナーの一人なので、Jil Sander(Uniqloの+J)といい、こういう動きはとても嬉しいです。

PIXELS by PATRICK JEAN.


PIXELS by PATRICK JEAN.
アップロード者 onemoreprod. – インディペンデントウエブ動画。

またおもしろい映像を見つけた。
なんでもあり状態でなつかしいゲームのグラフィックがたくさん登場。

最近はこういうのを観るのことにとても引かれてしまう。