iPod,iPhoneの音楽を高音質できく為のiTunesの設定・音楽保存方法

Klipsch とか Share とか高いイアフォンを買っていい音で聴こうとかそう言うのよりお金かからずもっと単純です。

知ってる人はやってると思いますが、
純粋にいい音をiTunesに取り込んで、iPod, iPhoneに入れて聴こうって言う話しです。

せっかく良い高音質のイアフォンもっていても
出てくる音自体が音質の悪い状態で取り込まれていたらまったく持って意味がないと思うからです。

またどの基準を持って高音質か…という話しになるので、どちらかというと「比較的高音質で」とした方が良いかなと実は思ってます…。

iTunes に(比較的)高音質で取り込む方法

iTunes 9 で説明したいと思います。
[環境設定 – 一般 – 読み込み設定(CDをセットした時の動作の端)]
とすすむと下記のような画面だと思います。
itunes_setting

この時に、ステレオビットレート数を確かめます。

設定が「高音質(128kbps)」とかになっていれば是非変更してあげて下さい。
まったくもって「比較的高音質」でもないし、せっかくの音楽がもったいないかなと自分は思ってます。

最低でも
読み込み方法を
「AAC エンコーダー」「MP3 エンコーダー」(おすすめしてません)に
設定を「カスタム」にして
ステレオビットレートを 320kbps に変更してみて下さい。

追記:友人によると iTunes のMP3の変換は音質が良くないのでお勧めしないとのことでした。AACの方が自分たちでやってる技術ですので力が入ってるのかもしれないですね。(2009.10.31)
AAC ですが、QuickTimeがupdateされる際に、「AAC エンコーダー」も性能があがり品質が向上されてる際がようですのでやはりAACを選ぶべきのようです。

これでだいぶ iPod, iPhone からでてくる音の音質が変わると思います。

もっとiTunesに高音質で取り込む

もっと高音質に、せっかくなんでCDと同じ音質でききたい!という場合であれば
その他の「AIFF エンコーダ」「Apple ロスレス・エンコーダ」「WAV エンコーダ」で読み込めばCDとほぼ変わらない音で聴けると思います。

さすがにCD並みのクオリティで、取り込んでしまうと、高音質ですが
ファイル容量もCD並みなので、1000曲も2000曲も持ち歩きたい人にはちょっとファイル容量の大きさが負担になってきてしまうかと思います。(「Apple ロスレス・エンコーダ」は比較的圧縮率が高いです。)
追記:「Apple ロスレス・エンコーダ」ですが可逆圧縮形式とのことですので、持ち歩き等を考えるのであれば3者の中ではベストな選択になるようです。(2010.9.12)

読み込みビットレートが 320kbps であればファイル容量は、128kbps で読み込み時より若干重くはなりますが、それ以上に音質という利点が大きいので最低でこの設定で問題ないと思います。

説明がすごく簡単ではありますし、専門的に言うと少し表現が間違っているところがあるかもしれませんが、純粋にせっかくなんでもうちょっといい音で比較的高音質で iPod, iPhone に取り込んであげようよ。という事を伝えたくて、実は以前から書かないといけないなーと思っていてやっと書けました。

ぜひ、今後はiTunesの設定を少し変えてあげてちょっといい音で、比較的高音質で音楽を聴いてあげて下さい。

そしてその後には、自分が以前紹介した SONY 密閉型インナーヘッドフォン EX300SLKlipsch Image S4 のようなイアフォンも是非試してみて下さい。きっと更に快適に高音質で楽しめると思います。

そういえば、
iTunes9 からはCD読み込み時に「読み込む」ボタンの横にも「読み込み設定」のボタンがついたのでCDごとに簡単に音質の設定などを変更しやすくなりました。
このおかげで、お気に入りのCDだけほぼそのままの音質で読み込んだりといった事がしやすくなったなと思います。

【関連リンク】
rhythm23 » アンプ内蔵モニタースピーカー BEHRINGER MS16 買ってみた。

Testimony: Vol. 2, Love & Politics / India Arie

Testimony 02 / India Arie

Testimony: Vol. 2, Love & Politics / India Arie

以前 Video という曲のレコードを手にしてから First Album を買い、それから出るたびにずっと買ってる India Arie の4th Album。

これがまたすごくよかったです。

今回聴く時にたまたま何かのひょうしに偶然1番最後に収録されてる A Beautiful Day から聴いたんですが、この曲がこのアルバム Testimony: Vol. 2, Love & Politics の中で一番良かったです。

受けいいので表向きには2曲目のTherapy,4曲目の Chocolate High あたりが代表曲なのかなという感じなんですが、A Beautiful Day は流行や時代関係なくいつ聴いても素晴らしいといえる曲なんじゃないかと思いました。
へんな言い方なんですが、きいた瞬間、ああ、やっぱこの人は、ちがうなーと。しみじみ思いました。

なんというかやっぱ India Arie はほんと、Stevie Wonder 直系という感じと言うかなんと言うか。とりあえずVery Must ってやつです。

ちなみに日本版CDには、最後に1曲、シングルとして単発で出たままになってたBeatiful Flower が入ってます。自分はiTunesで出てすぐ買ってたんですが、この時点からだいたいこのアルバムの雰囲気が見えてきてましたね、今思うと。

それと下のは First Album の Acoustic Soul です。
acoustic-soul / India Arie
Videoという曲もすごく良かったのでぜひこちらもおすすめです。(というかamazon安いなこれ…)

Audience of One / Heather Headley

Audience of One / Heather Headley

Audience of One / Heather Headley

紹介してなかった CD を。

Heather Headley の 3rd Album “Audience of One” です。

“He Is” という曲ですごく好きになってそれ以来ずっと買ってるのですが、この Heather Headley の声はやっぱいいですね。

今回も Soul を感じさせる歌声が響き渡る落ち着いたいい曲ばっかりです。

また “He Is” という曲は 1stAlbum “This Is Who I Am” の1曲目に収録されているので聴いたことない方はぜひこちらも聴いてみて下さい。

Live at Last [DVD]: STEVIE WONDER

Live at Last _STEVIE WONDER

やっと届きました!
STEVIE WONDER 初のオフィシャルライブ DVD「Live at Last」です!タイトル「Live at Last」とは“待ちかねたライヴ”みたいな意味があるみたいですね。(実際ヨーロッパツアーは約10年ぶりだったようです。)

映像は31曲(トラックリストは27)、2008年に行われたヨーロッパでの “Wonder Summer Nights” ツアー、ロンドンのO2アリーナでの9月30日と10月1日の模様を収録したものになってます。ロンドンでの公演だったので UK Medley として Stevie が UK の代表曲をいくつかメドレーした映像も収録されてます。

収録されている曲は3部作を中心とした代表曲ばかりで、Stevieのアドリブ満点のパフォーマンスやバンドのめちゃかっこいい演奏など見てるとDVDなんですが、ほんと手拍子したくなるほどでした。どうも I’m Gonna Laugh You Right Out Of My Live で一緒に唄っていたのは娘の Aisha Morris だったようですね。
また、お客さんの飲み物片手にスタンディングで体揺らしながら自然体で楽しんでる姿もとても印象的でした。

自分も一度だけ2003年マリンメッセ福岡であった時に行ったことがあるんですが、その時よりもバンドの人数も全然多く豪華でしたね、東京とか大阪までいけばもう少し大規模かもしれないので次に来日した際は是非、東京か大阪まで足を運んでみようと思います。(しかも残念ながら福岡では2003年以来ライブを行っていないんです…)

正直 Stevie Wonder を聴くのにジャンルは関係ありません、是非このライブ DVD は手に取って観る下さい。

Stevie Wonder Official Site
オフィシャルサイトがDVDのグラフィックを利用したサイトに変更されてます。残念ながら日本ではまだ告知されてるサイトが用意されてません。
http://www.steviewonderonline.co.uk/
こちらはこのDVD用に用意されたページのようです。
Live at Last (DVD)
Amazonが安いです、あとブルーレイもってる人はブルーレイ版も値段が200円くらいしか変わらないので是非そちらをお勧めです。

SONY 密閉型インナーヘッドフォン EX300SL

SONY 密閉型インナーヘッドフォン EX300SL

SONY 密閉型インナーヘッドフォン EX300SL

少し前に買ってから使ってるイアホンが値段の割にかなり良かったのでご紹介。

ここ数年は、オーディオテクニカやSonyのまた違うだいたい3,000円から5,000円のタイプを使ってたのですが、正直なんだこの音の悪さは…という印象がとても強く、5,000円程度出してもこんなレベルかイアホンって…。

とくにSonyやつには、DJやっててMDR-CD900STMDR-Z900HDを使ってて気に入ってたのでかなりがっかりしてました。

そんな中またもコーヒーの中にイアホンをダイブさせてしまい、仕方なくSonyからEXTRA BASS seriesとかなんか新しいの出てたなという感じでヨドバシへ行きました。

そこで実物見てると「なんかだまされてる気がするし、結局、アーティストの意図した音じゃないものが鳴ってるんじゃないのか」などと思い、隣にあった純粋にいいおとにこだわってそうなEX300SLを選んで買ってみました。

使ってみた感想としては、いままで使ってたものとは違いクリアで、ちょっと奥が深い感じです。
もしかすると、新しい「ハイブリッドシリコンイヤーピース」(耳にあたるゴム(?)の部分)というものの効用も作用してるのかもしれません。

個人的にはせっかく音質気にして取り込んでるんで(この話しはまた後日書きます。)、たかだか5,000円、されど5,000円。やっぱこれくらいは出てもらわなという自分のかってな要望に、このイアホンは音もよく、つけ心地もよく、満足させてもらってます。

現在Amazonでは4,100円3,500円程度で買えますので、そのくらいなら出せるよって人は是非、候補の一つに加えてあげて下さい。
追記:また、上位クラスのEX500SLもかなり安くなってますのでおすすめです!(2010.9.12)

写真のケースは、伊右衛門をかったら付いてきた巾着です、iPodにジャストサイズだったので使ってみました。
どうもtouchでも入るみたいですね。

たまにこうやってついてる伊右衛門のおまけは、手ぬぐいだったり、ちいさなペットボトルの入る巾着だったりと、なんだか愛着のわきやすいデザインと素材の時がおおいので、結構捨てずに身近においてしまってます。

ちなみに写真はまだまだAUTO機能サマサマです。

BODY & SOUL Live in Tokyo OPEN AIR 2009

BODY & SOUL
ちょっと遅い情報ですが BODY & SOUL Live in Tokyo 今年もありますね。

2002年に初めて日本で行われるようになってから8年、もう毎年行われる定番のフェスのようになってるしあっという間ですね。
NYCであってた頃に、行ってみたくてお金貯めて2001年にNYCに行って、3週連続で通っただけなので、東京のも一回くらい行ってみたいです。

最近は、NYCでも年に1,2回はやってるみたいで、是非行ってみたいです。

BODY & SOUL Live in Tokyo
(サイトがアドレスとともに新しくなってました。)