アーザの第三回チャリティーマッチに参加しました。

東京来てからフットサル復活で、たまに蹴ってます。

先日アーザというチームの主催するチャリティーマッチに前回に続き参加させて頂きました。

復興活動に少しでも協力していけるようにと始まったこのチャリティーサル、とても素晴らしい取り組みだなとほんとに頭下がる思いです。

今回は、義援金64410円あつまったそうです。

まずはこういった数十人規模の集まりからでいいので、北から南までこういう活動がもっと増え長く続くといいなと思いますし、自分も是非協力していかないとなと思いました。

jNさんとケイさんはじめアーザの皆さんありがとうございます。
また必ず参加します!


↑試合の様子、緑の3が自分、なんかサッカーの動きしてない気がしました…

チャリティーの詳細はこちらから
第三回チャリティーマッチ | アーザフットの活動日誌

MLB 2010 All-Star Game

2010 all-star game
今年も海の向こうでは MLB 2010 All-Star Game が開催されました。

松井秀喜の所属するエンゼルスの本拠地開催だったのですが、残念ながら松井は出場できず。日本人選手ではイチローだけが出場です。10年連続というのはほんとにすごいですね。MLBの選手でも本の一握りしかいません。あとどうも実は最年長らしいことを何かの記事で見ましたが、すごく若く見えますね。

MLB.com では Video がたくさんあがってますんで下記リンクなどから見てもらえます。
2010 All-Star Game

内容はVideoでみれますので個人的に相変わらずアメリカらしいなという点を2点ほど。

・2010 Red Carpet Show
上記のVideoのカテゴリメニューのようなものの中に”2010 Red Carpet Show”というものを見ることできます、これはいわゆる出場選手のパレードのようなもの、イチローと嫁さんがオープンカーのようなのに乗ってストリートを囲むファンに手を振ってるのをニュースで見た方もいることかもしれませんがアメリカじゃこういうときに選手の家族や彼女が一緒になって表にでます。
これはいわゆる「家族がいるから野球ができる」というMLBでの共通項の現れ。子供だってお父さんと一緒でうれしいだろうし、やっぱり嫁さんだって(MLB選手の嫁さんは日頃めっちゃハードな生活だそうですから)日頃の感謝をこういう形でかえされればやっぱりうれしいと思います。ずっと好きでMLBみてますが、ちょっとしたとこでこういう光景に出くわします、その度にやっぱりこういうところは日本人もどんどん見習わないとなと思ってしまいます。
写真ありました、こういう感じですね。

・ジーターのアナウンス
ヤ軍筆頭オーナーのスタインブレナー氏の死去も報じられてますがその数日前にも担当した試合数が約4500試合にもなるヤンキースタジアムの球場アナウンサー、ボブ・シェパード氏がなくなられています。
実はジーターはこの方が07年で現役を退いてからも録音された彼の声で打席に入るそうです。もちろん今回のオールスターでも同じだったようで、その様子が上記のVideo の41秒あたりから見れますがちゃんと映像には写真と名前のテロップも入っています。選手以外のMLBを支えた方をこうやって選手がそして放送局が大切に後に伝えていくその姿勢がすごく美しいなと思いました。もしかしたらジーターもいろいろ考えてあえてずっとやっているのかもしれませんね。
MLBでは、こういうオールスターやワールドシリーズなどではほとんどで、過去の名選手と言われる方を始球式などに招きますし、後世に伝えるためにこうやって歴史を維持していくのが上手だなとよく思わされます。All-Star Gameも一試合しかあえてしないのも特別なものにしようという現れかもしれませんね。

あとあれですね、Videoみてると選手がいつもと違いリラックスモードで笑顔が多くて見てると気持ちいいですね。
Yahoo.comの方でも写真がたくさんあがってました。

2010 FIFA World Cup South Africa

パラグアイ0(5 PK 3)0日本。

今日はリアルタイムで見ててほんとによかった。

しかし、ただ勝ち負けを決めるためだけにあるPKはなんともいえない残酷感がありました…。

誰のせいでもないがやっぱり駒野はすごくつらいだろうし、周りもまたつらいだろうと思う。

再延長とかまであって、足がちぎれるくらいまで走って負けたほうがきっとまだ気が楽だろう…とそんなことを思ってしまいました。

ほんとに、選手、コーチ、スタッフの皆様、おつかれさまでした。

サッカーも今回の日本代表クラスになると野球の日本代表クラスの選手たちのように熱い選手がたくさんいて見ててとてもかっこいいなと思いました。ぜひ代表選手たちはもっともっと日本全体がレベルアップしていけるよう今後もがんばっていってほしいです。

やっぱり熱いスポーツはいいですね、ありがとうございました。

あと、毎日新聞で号外がPDFで出てました。
【記念に】毎日新聞号外

PUMA “Clever Little Bag”

clever_little_bag_01

PUMAからちょっといいなと思える取り組みが発表されてました。

先日ちらっと画像を見て、へー面白いこと考えるなーと思ってたら実は本当に行われる取り組みの画像でした。

簡単にいうと、購入時についてくる靴の箱を、簡素化し購入後は袋としても使えるように素材も検討し工夫しましたよ。いうことのようです。

これは個人的にすごく良い取り組みだなと思いました。

そして、”Clever Little Bag”と題し、しっかり見せれるものにして、ブランディングにもつなげてる部分は上手なやりかただなだと思います。

こういうのは、まねになっても良いので是非、New Balance,、NIKE、adidasにも後を追って取り組んでいって欲しいなと思います。

また、デザイナーとしてはこういう既存のものを再構築しアイデアとビジュアルと提案できるようになれるといいだろうなと思いました。

clever_little_bag_02
clever_little_bag_03

下記ページでは、動画も一緒に発表されてました。
PUMA Vision の記事

あとPUMAですが
2009年からフセイン チャラヤンがクリエイティブ・ディレクターを努めています。
記事:プーマ×フセイン・チャラヤンによるファーストルックが公開!(Fashionsnap.com)
チャラヤンは先日、記事にもした(Alexander McQueen 1969-2010)マックィーンと同時期にアートの様なコレクションを毎回発表し、ロンドンコレクションを盛り上げてたデザイナー。
手がけてるのはレディースがメインなのでしょうが、近々見に行こうと思います。

また、つい先日 Fashionsnap.com でインタビューも公開されてました。
[インタビュー]ファッションの領域を超えるデザイナーHussein Chalayan(フセイン・チャラヤン)

ちょうど東京でもチャラヤンの展示会の様なものもあってますし、学生時代、好きだったデザイナーの一人なので、Jil Sander(Uniqloの+J)といい、こういう動きはとても嬉しいです。

M670UK New Balance

m670uk

M670UK.
ひさびさに新しい靴です。New Balanceです。

30近くなってNew Balanceのスニーカーのよさに改めて気づき、いろいろと欲しいモデルがいくつかあるのですが、欲しかったモデルの中の一つがこの M670UK です。
この落ち着いたというかちょっと子供っぽさもあるようなこの配色が気に入ってます。

そういえば、2010SS でギャルソン(確かジュンヤネームらへん)が単色の576を出すといってたので、それもすごく気になるってるんですよね…。

それと M670UK のうしろは、草野球のアップの時やたまに外走るときの靴がぼろぼろになって履けなくなったので新しく買ったランニングシューズです。
ちょっと気になってた Adidas adizero-Boston というモデルです。
たまたま少し安くなってたのでこれはラッキーでした。

Mark Buehrle Perfect Game

mark_buehrle

MLB White Sox の Mark Buehrle 投手が Perfect Game を達成しました!
現ロッテの井口選手がチームメートのときもノーヒットノーランを達成していた選手です。

そして今回 Perfect Game となった Rays 戦での全27アウトが MLB公式サイトで動画で見る事ができます。

必見は、記録まであと3つにせまった9回ノーアウトの大飛球。
左中間に飛んだホームラン級のあたりをセンター Wise がフェンスに激突し、グラブから溢れ出るボールを倒れながらも必死に逆の手でつかむスパープレー。

掴んだボールを突き上げるセンター Wise。
笑顔で喜ぶピッチャーの Mark Buehrle。
ガッツポーズと拍手で総立ち、興奮の観客。
“Great Catch!” と叫ぶ実況。

やっぱスポーツ最高!

http://mlb.mlb.com/media/video.jsp?content_id=5699295